データ復旧はプロがいるそうです

パソコンを使っていると、どんなに注意していてもデータを喪失してしまう可能性はあります。個人が趣味で使用しているパソコンなら、たとえデータが消えても、大きな損失にならないこともあるかもしれませんが、それでも大切なデータが消えてしまうのは、いやなものです。まして、これが仕事に使っているパソコンや、会社で使っているパソコンであれば、これは多大な経済的な損失、信用の失墜など、大変な問題を引き起こすことになります。

しかし、大抵の場合、喪失したデータがもはや復旧不可能になることはないそうです。ほとんどの場合、かなり確率でデータ復旧の可能性を持っています。最近は、データ(ファイル)復旧ソフトウエアが売っていますが、それを使うこともできます。ただし、もし電気的若しくは機械的な損傷の可能性でデータを喪失恐れがある場合には、データ(ファイル)復旧ソフトウエアは役に立ちません。どのような場合が、電気的若しくは機械的な損傷かというと、(1)まったくドライブの回転音が聞こえない、変な音がするなどの場合(2)ドライブが起動を繰り返している。LEDランプが点灯したまま(3)BIOSのドライブ認識をしない、若しくは、認識の段階で止まってしまうという場合は、ハード的な障害と思われます。このような場合は、障害を起こした媒体(ハードディスク)を専門業者に頼んでデータ復旧をしてもらうしか手はないと思います。

また、障害が起こっている時に絶対してはいけないことがあります。(1)バードディスクの初期化、或いは、システムの再インストール。これは、元のファイル構造を壊してしまうので、データファイルを呼び戻すことはできません。(2)損傷したパソコンを清掃したり電源を入れること精密な部品ですから、下手に触ると、データ復旧の可能性を低下させることになります。不要だと勘違いしてデータをごみ箱に入れて、そのゴミ箱からデータを削除(デリート)してしまったような倍には、市販されているデータ復旧用ソフトウェアが役に立ちます。データの上に新しく上書きされると、元のデータを復旧することはできなくなりますから、間違ってデリートした場合には、すぐにデータ復旧用ソフトウェアを使用しましょう。データのバックアップをされいてる方も多いと思いますが、バックアップのデータをデータ喪失を起こしたハードディスクにそのままリストアすることは避けた方が無難です。データ喪失を起こした機器では再びデータ喪失が発生するかもしれませんから、新しい別のハードディスクにリストアされることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です