パソコンのデータ復旧はよく考えて行動しましょう

パソコンのデータを間違って消してしまったという経験はないでしょうか。また、USBを抜き差しするときに、通常は安全に取り出す処理を一旦踏んでから抜きますが、何度も何度も利用するうちに大丈夫だろうと思ってファイルが開いたままの状態でも直接USBを抜いてしまい、それによりデータが消えてしまうということが時々起こっているようです。現在非常に多くの方がパソコンを使用して、電子メールや写真、また仕事の書類やデータを保管されています。通常これらの電子データは定期的にバックアップを取っておくことや、クラウドと呼ばれるところに保管しておくことで、複数の記録媒体に同じデータが保存されることになりますので、データを無くしてしまったり、破損してしまった場合にもデータ復旧は比較的簡単に行うことができます。一方で、そういったバックアップを取っていなかったデータは一旦消去してしまうともう取り戻すことは出来ないのでしょうか!?答えは、取り戻すことができます。データ普及は専門の業者や有料ソフトウェアを使用することで行うことができます。ただし、通常のパソコン作業と異なり一度失ってしまったデータを復旧するのは容易ではありませんので、ソフトやハード両方の取り扱いは慎重に行う必要があります。やはり、一番安心なのは業者に頼むことでしょう。

そして、作業が全くわからないという人は下手に自分でやろうとせずに、『何もしないまま』業者に頼むことです。パソコン内のデータは通常、表示上は消去されても実はデータは生きている場合が多いのです。しかしながら例えばリビルドと呼ばれる、ハードディスク内のデータ再構成作業を行なってしまったりしますと、それがかえってデータをバラバラにしてしまい復旧不可能な状態に陥ることもあります。医療と同じで、データの復旧作業は症状によってそれぞれやり方が異なります。

しかしながら、例えばうっかりUSB内のデータを消去してしまったといった事例や、ゴミ箱内のデータを消去してしまったという、初歩的ミスから来るデータ消去は専門のソフトウェアで復旧するのも費用が抑えられて良いと思います。またその他コンピュータウィルス感染によるデータの消去等はさらに複雑です。現在では様々な業者がデータ復旧作業を行なってくれますが、基本的に症状と改善策を聞くのはどこも無料ですので、まずはそういった業者に直接電話して聞くのが一番良いでしょう。データが破損してしまったパソコンを使って、復旧方法を調べるのはあまりお勧めしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です